飼い主の話しをじっくり聞いてくれますか?

良い獣医さんの条件とは?

ペットを飼ったときに、必ずお世話になるのが動物病院です。病気や怪我以外にも予防接種も法律で義務付けられているものもあります。可愛いペットの命を預けるのですから、病院選びは大切ですよね。良い動物病院とは良い獣医師がいる病院と言えると思います。では、良い獣医師とはどんな獣医師なのでしょうか。
まず言えることは、飼い主の話しを落ち着いてじっくり聞いてくれるかどうかです。病院によっては待合室が患者の犬や猫で溢れかえるほど人気の病院もあります。人気の理由は色々あって、獣医師の手術の腕が良い、とかペットホテルや美容院を併設している、とか最新式の医療設備が整っているなどさまざまですが、まずは獣医師がどんなに忙しいときでも、飼い主の話しを落ち着いて聞いてくれるかどうかに注目してみましょう。

獣医師が飼い主の話しをじっくり聞くことがなぜ重要なのか

患者のペットのことを一番良く分かっているのは、獣医師ではありません。いつも一緒にいる飼い主なのです。その飼い主の話しをじっくり聞いて、そこから病気の情報を少しでも得ようとする姿勢が獣医師には必要です。飼い主の話を聞いているのかいないのか分からない態度だったり、途中でもう分かったと言わんばかりに話を遮ろうとする獣医師はおすすめできません。
また、医療の現場では、医師と患者の信頼関係はとても大切になってきます。動物病院の患者は犬や猫の動物なので、実際は飼い主と獣医師の信頼関係ということになります。残念ながら病院に通っていても、すべてのペットの命が助かるとは限りません。けれど、信頼する獣医師の処置の結果起きた事ならば、飼い主も納得できるでしょう。